Service07
契約法務

契約法務

企業間における取引関係が何らかの理由により紛争になってしまう場合、企業対消費者における「消費者契約法」や「特定商取引法」(クーリングオフ等)といった契約という事実を超えて消費者を保護する法律が存在しないため、企業対企業で締結した「契約書」の内容が非常に重要になってきます。
それゆえ、どのような内容の契約書を締結したかは、紛争時において企業の運命を左右するといっても過言ではなく、その際、契約内容については、専門的な視点が欠かせません。当事務所においては、常時相当数の顧問先との契約を有しており、各種業界における専門的な法律知識や契約実務についてのノウハウと経験を有する弁護士がクライアントの規模・特性に応じて、きめ細かな法的アドバイスを提供します。

Contactお問い合わせ

受付時間 平日 10:00 – 18:30

03-5341-4772