• 債権回収・保全
建物明渡請求

依頼者の管理する賃貸物件において、賃料未払いが発生し、解除通知を送っているにもかかわらず、賃借人が居座り続けた事例。

解決策

占有移転禁止の仮処分を経て、訴訟提起を行い、第1審判決の仮執行宣言に基づく建物の明渡しに成功し、その後、契約書通りの倍額相当額の賃料の請求認容判決に基づき、連帯保証人に対しても請求を行った。

結果

ほぼ満額の債権回収に成功した。

Contactお問い合わせ

受付時間 平日 10:00 – 18:30

03-5341-4772