相続問題

TEL:03-5341-4772
受付時間 10:00~18:30(土日祝日除く)

相続に関する問題は、生前に起きた様々ないざこざや感情のもつれなどが複雑に絡み合い、相続人同士では、問題解決が困難となる場合が少なくありません。

そこで、弁護士法人レイズ・コンサルティング法律事務所(新宿区四谷)では、弁護士が相続発生前の遺言書の作成、相続発生後の相続人間の遺産分割協議のサポート、遺産分割調停、訴訟などの法的手続の代理を行います。

相続発生に遺言書の作成

後日相続が発生した際にできるだけ紛争を避けられるように、具体的な遺言の内容のご提案や、公証役場での公正証書による遺言の作成をサポートします。

また、弁護士が、遺言執行者になることも可能であり、ご希望の場合には遺言の中にその旨を明記します

相続発生の相続問題の解決サポート

このような相続発生後の対応は、遺言書があるかないかで流れが大きく異なってきます。

遺言書がある場合

家庭裁判所において遺言書の「検認」(公正証書遺言の場合は不要)を行います。
「検認」とは、相続人に対し遺言の存在や内容を知らせるとともに、遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造や変造を防止するための手続のことです。

そして、遺言の内容にしたがって遺言執行がなされますが、相続人が相続に際して、法律上取得することが保障されている相続財産の一定の割合(これを「遺留分」といいます。)を侵害している場合には、遺留分減殺請求を行い、遺留分侵害の限度で贈与又は遺贈された物件の返還を求めていきます。

遺言書がない場合

遺言書がない場合には、相続人全員で遺産分割の協議を行うことになります。

他の士業との連携相続の問題については、相続税の問題や不動産が絡むと登記の問題が絡んでくることもあるため、必要な場合には税理士や司法書士と連携してサービスを提供致します。

  • 解決事例・実績
  • よくあるご質問

弁護士法人
レイズ・コンサルティング法律事務所

Rays Consulting Law Office

〒160-0004
東京都新宿区四谷2-11-6 FORECAST四谷 11階

TEL :03-5341-4772 / FAX :03-5341-4773

  • 事務所案内
  • アクセスマップ
TEL:03-5341-4772
受付時間 10:00~18:30(土日祝日除く)
メールでのお問い合わせ
ご相談の流れ

弁護士法人
レイズ・コンサルティング法律事務所

Rays Consulting Law Office

〒160-0004
東京都新宿区四谷2-11-6 FORECAST四谷 11階

TEL :03-5341-4772 / FAX :03-5341-4773

  • 事務所案内
  • アクセスマップ
ページトップへ
Copyright © 弁護士法人レイズ・コンサルティング法律事務所. All Rights Reserved.